Get Adobe Flash Player このページのコンテンツには、Adobe社Flash Playerが必要です。
左記ウェブサイトから、プレイヤーをダウンロードしてください。
(無償配布)


時と場合に応じたバラの選び方

バラの花をよく贈り物で選ばれる方は多くいるかと思います。

しかし、バラには様々な種類や形、色があるため選ぶ際に悩んだことはありませんか。 もちろん相手や自分の好みで選ぶのも一つの手ではありますが、時と場合によって選ぶことは重要になってきます。

そこで時と場合に応じたバラの選び方を紹介したいと思います。
【 お見舞いの場合 】

相手がケガや病気をしている時のお見舞いとしてバラをプレゼントするなら、元気になりそうな綺麗な色、例えば明るい色のバラを選ぶと心が癒され良いでしょう。 4本や9本などの本数は不吉な数字のためお見舞いの贈り物は向きません。 お見舞いの場合は花束やアレンジメントなどが喜ばれるかと思います。

【 出産祝いの場合 】

バラを出産祝いの贈り物として選ぶのであれば濃い色よりも淡い色や、やさしい色などが好まれるかと思います。 また、お子さんのお世話で大変ですので水を散り替えなくてもいいアレンジメントや鉢植えのバラが最適です。

【 結婚祝いの場合 】

女性の結婚祝いにバラを贈るのなら青色系のバラがおすすめではないでしょうか。 サムシングブルーの言葉にならってプレゼントするとおしゃれです。

【 プロポーズの場合 】

プロポーズで渡すイメージとしては男性から彼女へというシーンが多いかと思います。 バラをプロポーズなど大切なときの贈り物として選ぶのであれば 赤いバラはもちろんピンクのバラでも喜ばれるのではないでしょうか。 また、花束もいいですがアレンジもおすすめです。

【 新築祝いの場合 】

新しい家具や家の雰囲気によってマッチするかがポイントになってきます。 どの場所にも合いそうな白やピンクのバラが好まれるでしょう。 また、花束を渡される場合は同時に素敵な花瓶もプレゼントするといいかもしれません。

以上のように時と場合によってバラを選ぶ方法があります。 バラを贈る際は是非、こちらを参考にされてみてはいかがでしょうか。 当店でも様々な色のバラを販売しております。

                   
  • 今月の薔薇!!商品の詳しい情報はコチラ!
  • プラチナローズ プラチナコーディングした本物の薔薇です。
  • カラーバリエーション 形を整えた本物の薔薇を、丁寧に金で縁取りして仕上げています。